オーナー's資料ダウンロード TOP > 資料詳細

【マスターデータマネジメント】効果的な運用を行うための3つの視点~出力編~

企業名:株式会社ランドスケイプ

MDM(マスターデータマネジメント)を効果的に行い、
高精度で顧客分析を行うためには
顧客データベースに重複が存在しない状態が必要です。

そのためには
①顧客データベースの入力
②保有している顧客データベース
③顧客データベースの出力
の3視点から行う工夫が必要です。

本資料では③顧客データベースの出力について説明します。

資料詳細説明

<目次>
■顧客データベースの出力「分析」:データが汚い。
 どのように解釈すればよいか。
■分析段階。データが汚い。どんな状況なのか?
 ・社内に存在している項目が分析データには存在していない
 ・社内にも存在しない項目なので分析データをこれ以上加工できない
■分析工程前のデータベース設計でのポイントとは?
■事例紹介
■会社概要

対象業種

全業種

対象企業規模

企業規模問わず

【ご提供いただく個人情報のお取り扱いについて】

  • 資料のダウンロードに際して、以下の事項に同意されたものと見なします。
  • ご入力頂いた個人情報は、「株式会社ランドスケイプ」へ収集されます。
  • 「株式会社ランドスケイプ」からのメールマガジン、電話、送付物による情報提供サービスを受け取ります。
  • 提供された個人情報は、各情報提供元企業のプライバシーポリシー下で適切に取り扱われます。

こんにちは ゲスト様

会員登録をしていただくと簡単にマーケティング資料をダウンロードしていただけます。

  • ログイン
  • 今すぐ無料会員登録する

厳選ホワイトペーパー

人気資料まとめ